沖縄の企業法務の部屋


Q.契約書で企業秘密を保持することはできるでしょうか



A.企業にとって情報は命のようなものであり、ノウハウが流出してしまうと、他の企業に真似をされて競争に巻き込まれてしまいます。そこで、取引先や従業員と秘密保持契約書を交わすことが考えられます。
 秘密保持契約書を作成するときは、どのような情報を保持の対象にするのか明確にすることや、情報が流出してしまった場合はどのような制裁にするのかを明確にしておく必要があります。
 ただし、従業員と秘密保持契約を締結する場合、損害賠償を予定することは法律で禁止されていますので、注意が必要です。


―――――――――――――――――――――――――――

初回1時間無料相談を実施中です。ご予約はこちらへお電話ください。

〒904-2143
沖縄県沖縄市知花1-26-3 銘苅ビル202
吉村正夫法律事務所
  弁護士  山 下 裕 平
TEL 098-921-0262
http://yoshimuralawoffice.com/


Q.取引をしても代金を払ってくれなくて貸倒れになってしまっては困ります。契約書で売掛金を回収しやすくすることはできるのでしょうか。


A.代金が未払いになってしまった場合、これを回収するのは簡単ではない場合があります。取引先が事業を停止してしまったような場合は、回収するのはかなり難しくなります。金額が大きい取引をするときは、特に注意が必要です。
 代金を回収しやすくする方法として代表的なものは、担保を取っておくことです。会社と契約した場合、代金を請求できる相手は会社に限られ、その会社の社長には請求できません。社長に請求できるようにするには、社長を連帯保証人にしておく必要があります。
 ただ、会社が倒産するような場合、社長も財産がない場合が多く、社長を連帯保証人にしても十分とはいいがたいです。社長以外で財産をもっていそうな人を連帯保証人にできるのであれば、是非連帯保証してもらいたいところです。


―――――――――――――――――――――――――――

初回1時間無料相談を実施中です。ご予約はこちらへお電話ください。

〒904-2143
沖縄県沖縄市知花1-26-3 銘苅ビル202
吉村正夫法律事務所
  弁護士  山 下 裕 平
TEL 098-921-0262
http://yoshimuralawoffice.com/


Q.紛争に巻き込まれて疲弊したくありませんが、紛争を防ぐには、どのような契約書をつくればよいでしょうか


 交通事故を起こさないためには、交通事故を予測する必要があります。「右折するときに横断歩道に人がいるかもしれない。」と予測せずに何も注意せずに右折してしまうと、横断中の人をひいてしまうかもしれません。
 これと同じように、紛争を防ぐには、紛争を予測する必要があります。「このような取引をするとこのような紛争が予測できる。」と、具体的に紛争を予測していきます。ある意味、想像力の勝負ともいえます。
 もっとも、一切のリスクを無くそうと思ってしまうと、何の取引もできなくなってしまい、経営は困難になります。
 かといって、何も対策をしなければ、訴訟が頻発したり、ブラック企業批判を受けたりして、大きな損失を被る可能性があります。
 したがいまして、結局のところバランスの問題でして、どのようなリスクが考えられるのか、どれぐらいの確率でリスクが発現するのか、発現したとしてどのような損失を負うのか、といった、リスク評価をしたうえで、費用対効果も踏まえて対策を考え、契約書に落とし込んでいくのが望ましいといえます。



―――――――――――――――――――――――――――

初回1時間無料相談を実施中です。ご予約はこちらへお電話ください。

〒904-2143
沖縄県沖縄市知花1-26-3 銘苅ビル202
吉村正夫法律事務所
  弁護士  山 下 裕 平
TEL 098-921-0262
http://yoshimuralawoffice.com/


Q.契約書を作成するとき、どのような点に注意すればいいでしょうか。


A.契約書を作成する場合、様々な注意が必要ですが、代表的なものを3つ挙げます。


1つ目は、契約の目的が達成するように条項を作成する、ということです。これは当然のことですが、契約書に従っても法律に触れてしまい、契約の目的が達成できない、という条項になってしまう可能性もありえます。


2つ目は、様々な紛争を予想し、その紛争を事前に予防できる条項にしておくということです。


3つ目は、2つ目とも関連しますが、曖昧な条項をなるべく排除し、誰が読んでも明確な条項にしておくということです。条項が曖昧ですと、解釈の余地が生じてしまい、紛争が生じてしまうこともありえます。



―――――――――――――――――――――――――――

初回1時間無料相談を実施中です。ご予約はこちらへお電話ください。

〒904-2143
沖縄県沖縄市知花1-26-3 銘苅ビル202
吉村正夫法律事務所
  弁護士  山 下 裕 平
TEL 098-921-0262
http://yoshimuralawoffice.com/


弁護士の山下裕平と申します。2006年から沖縄で弁護士をしております。

神奈川県出身ですが、2005年から沖縄にいるので、沖縄生活が長いです。

2016年11月から「吉村正夫法律事務所」に所属します。
http://yoshimuralawoffice.com/

沖縄の企業を法務面から盛り上げようと、このブログを立ち上げました。

趣味は弁護士業、特技は弁護士業という、弁護士業大好き人間です。
その他、簿記2級ですので数字は得意です。

沖縄の企業をバックアップできればと思っています。


―――――――――――――――――――――――――――

初回無料相談を実施中です。ご予約はこちらへお電話ください。

〒904-2143
沖縄県沖縄市知花1-26-3 銘苅ビル202
吉村正夫法律事務所
  弁護士  山 下 裕 平
TEL 098-921-0262
http://yoshimuralawoffice.com/

このページのトップヘ